東光寺の日々

東光寺の暮らしのなかから創作される、詩歌や散文。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

伝授

 伝授

ネパールのパタンという街へやってきたのは
数回目だろうか
はじめてきたころと
かわらない佇まいもあるが
二十年以上の歳月をへだてて
ひさかたぶりに見る街は
より朽ちた気配があり
なにかを追っかけて
多忙になった人々の動きが
車やバイクで欲望の残滓を吐き出して
救いがたく街を覆っている

マッサージと
楽健法の看板をかけた
寅吉さんの家には
聾唖の若い男子が数名働いていて
この人たちに
楽健法と護身法などを伝授することとなって
この街へ老夫婦の私たちがやってきた

干支を口ずさみながら
指折り数える
タオの護身法や
おんとんばざらこく
という息災呪を伝授すると
口を利かないはずの聾唖の青年たちが
一心に口を開いて
言葉を出し始めた

明るい笑顔で
私の口の動きを観察しながら
声をだす聾唖の若者たち
笑顔に応えて口を動かしながら
目がうるみそうになるのをこらえこらえ
タオの護身法を伝授する




伝授2




干支
関連記事
スポンサーサイト

| | 12:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

ほかの詩もそうですが、この詩にも作者の固有の倫理性を感じます。

| kitsunenobotan | 2012/08/22 14:02 | URL | ≫ EDIT

Love & Light

詩人の詩。
そんなお心持ちを体感、経験される作者のお人柄に温かくなります。
それだけでも 素敵な旅 ですね!
ぜひ、日本でも。

| Love & Light | 2012/08/24 12:58 | URL |















非公開コメント

http://iwaresantokoji.blog.fc2.com/tb.php/8-b2b5020f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT