東光寺の日々

東光寺の暮らしのなかから創作される、詩歌や散文。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

誰かが笑うとき

打ちひしがれて
手も足も出せないときがあった

誰かの話す
ふだんの言葉が
針をふくんで
聞こえてきたりする

くらい気分のときには
神はどこにもいないと思ってる
自分なんか
ここにいなくてもいいんだなどと
思ってるのだ

父が狂ったのは
それを母が支え続けて
バーンアウトして逝ったのは
くらい笑顔のない戦争の時代に
翻弄されつづけたからだ

だれかが笑っている
狂った父は
笑ったりはしない
笑わない父をもった
こどもたちも
笑ったりはしない

だれもが
笑いを持っている
僕たちの家族のそとでは
だれもが笑いを持っている

笑いには
いろいろな色がある
色には
希望がかがやいている
色には
朝の色と夕べの色がある

がらんどうは歌う
まもなく演じる芝居のことを
思いながら
ぼくは執拗な思念にとりつかれ
若い日に読んだ
アーネスト・ドウソンの
メランコリーインディード
などということばをつぶやいたりしている


R0015308.jpg





関連記事
スポンサーサイト

| | 11:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://iwaresantokoji.blog.fc2.com/tb.php/144-d86973c9

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。