東光寺の日々

東光寺の暮らしのなかから創作される、詩歌や散文。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あんなあな

鳥見山の向こうから
日が昇る
張り替えたことのない
障子に
木々の葉が
影絵になって
風の動きを伝えてくる
床の間に
棟方志功の版画を掛けて
去年から
睨んでいるが
墨一色の存在感を超えて
何事か語りかけてくれるようだ
除夜の鐘とともに
時空の彼方から
やってくる
あんなあな思考


  ※あんなあな 
   加藤道夫の戯曲「なよたけ」に出てくることば。
   あんなあなに騙された。と童歌のように歌われる。


IMG_1089.jpg
関連記事
スポンサーサイト

| | 14:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://iwaresantokoji.blog.fc2.com/tb.php/131-23e99838

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。