FC2ブログ

東光寺の日々

東光寺の暮らしのなかから創作される、詩歌や散文。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

殿様蛙

 殿様蛙


白いメダカが
火鉢池の水草の間を泳いでいる
メダカが白いと
シラスが泳いでいるように見えて
脆弱な感じを受ける

戻っていた殿様蛙が
またクロサギに狙われたのか
水草が乱されていてまた姿を消した

マニスがいなくなってから
3匹いた殿様蛙が話し相手だったのに
一匹に減ってしまい
これもまた姿を消したので
こんどは帰って来ないのではないかと
和尚は悲観的な思いの日々を送っている

インドやスリランカの寺では
それがなくては寺とはいえないといわれている
天竺菩提樹を亭々と繁らせたいが
寒さにやられて育てることにも成功せず
南の樹木を北の地で育てるのは
難しいとは知りながら
自分の無能さのようにも思えて
また鉢に挿し木して
部屋のなかで観葉している

殿様蛙がまた戻るかも知れず
そのときにはクロサギが用心するように
火鉢池をまたぐように
回りの樹木から糸を張ってみた

糸一本でも
鳥を警戒させることを
農家のはざかけから学んだからだが
殿様蛙はご帰還してくるかどうか
庫裡の庭を通るたびに
いなくなった蛙を思い出しながら
シロメダカを眺めている









関連記事
スポンサーサイト



| 東光寺山博物誌 | 09:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://iwaresantokoji.blog.fc2.com/tb.php/13-02757ad9

PREV | PAGE-SELECT | NEXT