東光寺の日々

東光寺の暮らしのなかから創作される、詩歌や散文。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

詩集 [水の旋律] 岩堀純子 編集工房ノア刊 レヴュー

詩集-水の旋律-岩堀-純子

詩集の題名になった「水の旋律」はこの詩集のなかでは静謐な眺めを見せてくれている。

白い貝のなめらかな内面で
存在を増す

遠い海からの微風に
澄みきった
水滴が揺れる

と書き出されるこの詩には、この詩集のなかで描かれる精神の揺らぎや、闇は描かれていない。
この詩人のまなざしが捉えようとしているのは、見えない自分が欲求している不可知のなにかである。
佛教にもキリスト教にも通暁しているこの詩人は、知りすぎているが故の苦悩を描く。

そこに
石があった

それは
地上に散らばる
無形と無意味の
結晶
あるいは
沈黙する


(中略)

どんな羽があれば
どんな眼差しがあれば
長い日の
循環の果ての
夢にも似た
その塔へ
一歩だけ
歩めるのか
    (塔へ)

求道とか真理の探究とか自在なあり方とか、自己の持たないものを求めてさまよい歩く魂でもない。
この詩人は自己の置かれている位置、在りようを知悉しているが故に苦悩する。

逆らえない
抗えない
美しく
醜い
生きものよ

幻影かも知れない
現の身が孕む
蒼ざめた炎
それは わたしのなかにあって
わたしからも
あなたからも
永遠に遠い
    (生きもの)

もがくのは生きもの、否、にんげんの定めなのか、と詩人は考察する。
人間を拒絶することは、自己の拒絶、自己否定でもあるが「水の旋律」の詩人は否定仕切れない存在の闇のなかで、思索し詩を書くことで自己の闇に光を当てて自己を凝視しようとする。
その揺らぎようが、読者に不安感を醸し出すこともあるだろう。
人はなぜそんなにも日常が平然とおくれるのだろうか?

わたしは形がない
言葉が
あなたが
わたしを
つくってゆく
鏡のように
わたしを浮かびあがらせる

わたしは形がない
言葉が
小さな石が
わたしを
つくってゆく
墓碑のように
沈黙の意味を教える
      (言葉が)

行住坐臥しか生活のなかにはあり得ないと知っていながら、人はなにかを何処かに求めるものだ。
この詩人は、帯に書かれた言葉のように、
(流れとばしりあふれ光る言葉の躰 わたしという迷宮 存在の混沌を 水の感触であらわそうとする 硬質だが豊かな表現で静謐に至る 思索の詩集)風景も身に起きる事件も存在の謎に還元して思索を深めている。その水底から清流になって溢れてくるもの、それを言葉の躰・詩として誕生させてくる。
詩人は2015年5月17日に、毎日新聞社オーパルホール第66回春の短歌祭で、関西文学賞を受賞されている。
「どうだん短歌社」同人
ブログ 熱帯の朝と歌と http://nettainoasa.blog.fc2.com
関連記事
スポンサーサイト

| | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://iwaresantokoji.blog.fc2.com/tb.php/128-223ff2ed

PREV | PAGE-SELECT | NEXT