東光寺の日々

東光寺の暮らしのなかから創作される、詩歌や散文。

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蛙とメダカ

frog1.jpg




 火鉢池

火鉢にみずを入れて
寺の庭に置き
これを火鉢池と名付けた
水草もいれておいたら
繁茂して
初夏になると
水面下でも
真っ白の可憐な花を咲かす

火鉢池の隣には
臼池が置いてあって
戦争中に作られた
コンクリート製の餅つき臼だ
だれが持ってきたのか
臼池には
睡蓮が二輪ぽかっと開く

ふたつの池には
蛙が三匹住み着いて
二匹はいつも火鉢池
一匹はいつも臼池にもぐっている

火鉢池に
夜店で買ったメダカを
十五尾放生してやると
水草に乗っかって世界を睥睨している
蛙の目の前を
ゆうゆうと泳ぎまわる





関連記事
スポンサーサイト

| 東光寺山博物誌 | 23:08 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

No title

すきとおった風が吹いて
鳥や虫が
まひるの夢にとんでいる

| kitsunenobotan | 2012/07/28 07:54 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://iwaresantokoji.blog.fc2.com/tb.php/1-fd766b61

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。