東光寺の日々

東光寺の暮らしのなかから創作される、詩歌や散文。

2015年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さむはら

さむはら


さらばとも言わずに
むこうへ行った人
はらはら花散る季節には
らんぷを灯して眺めてる

さよならだけが人生と
むかしの人が書きました
はたしてそうか試さんと
らっけんほうをやってます

さむはら神と向き合って
おんさんばらさんばらうん
今朝の挨拶です


スポンサーサイト

| 未分類 | 14:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寒波

昭和二十一年の暮れ
大阪府南河内郡狭山村の
春本木工所という会社に父が職を得て
七人家族の我が家が
一枚板の
隙間風が舞い込む飯場に住み着いた
霜柱が
道路を踏むと
グシャリと音がする
寒い日に
やって来た
大阪へ引っ越すと知って
都会のどんなかも知らなかったが
なにがしかの想像はしたが
住み慣れた
徳島市の我が家より
そこは格段の田舎だった
その冬は
何度か雪も積もって
飯場の家は冷え込んで
母は引っ越し荷物を包んでいた新聞紙を
糊を炊いて
板壁の隙間に貼り付けた
飯場には水道も井戸もなく
裏の池の
急斜面を降りて
池の水を汲んでくる
池の水は
澄んではいたが
こんこんと湧き出る井戸で暮らしてきた一家には
悲傷な思いを余儀なくされ
近所の農家へ
貰い水に何度か行ったりしたが
やがて諦め
池水で暮らした
池に漣が立ち
寒波が頬を撫で
指に霜焼けが出来て
指を擦ったりしながら
僕は水汲みに斜面を下りた
狭山池の桜並木の堰堤が通学路で
飯場から小学校へ通った
風は冷たく
風花が舞う堰堤の道を
冬になるといまだに思い出す
寒波の風は
今も僕のこころに吹き続けていて
夢の中で
耳の痛みをこらえながら
歩いていたりする
頻尿気味の今冬
僕の人生も
寒波の時期に差し掛かったか
七十年前の
冷え込んだ日々は
今もそこにあって生々しい















| | 00:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あんなあな

鳥見山の向こうから
日が昇る
張り替えたことのない
障子に
木々の葉が
影絵になって
風の動きを伝えてくる
床の間に
棟方志功の版画を掛けて
去年から
睨んでいるが
墨一色の存在感を超えて
何事か語りかけてくれるようだ
除夜の鐘とともに
時空の彼方から
やってくる
あんなあな思考


  ※あんなあな 
   加藤道夫の戯曲「なよたけ」に出てくることば。
   あんなあなに騙された。と童歌のように歌われる。


IMG_1089.jpg

| | 14:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。