東光寺の日々

東光寺の暮らしのなかから創作される、詩歌や散文。

2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

見えるもの

真っ白の大輪の牡丹が開いて
雨に打たれている
紅葉が折り重なって通路に枝を伸ばし
雨粒を蓄えて頭を垂れているので
蝙蝠傘をすぼめて
くぐり抜けて歩かねばならない

火鉢池には
メダカが一匹だけ生き残っていると思っていたが
今朝は三尾が水面に姿を見せていたので
よかったなとなんだか安心する

石段を下りると
そこは東光寺町という路地の道で
軽四がやっと通れる細い道が
旧家に挟まれながら伸びている

道路より一段高いところが
借りている東光寺の駐車場で
舗装されていない地面には
数日前まで雑草が青々と繁殖していたが
除草剤が散布されたのか
今朝は
組織が壊滅したように
黄ばんだ草がへしゃげて死んでいる
僕を定期的に暗澹とさせる
枯れ葉剤を撒かれた駐車場のながめ

地主はどうして枯れ葉剤なんかを撒くのだろうか
ぼくはその地主のうちへ
駐車料金を支払う為に下りてきたのだが
草がやっと青々と伸びたかと思うと
すかさず除草剤を散布する人の
意識レベルを忖度しながら歩くことになる

雨に流されて下の寺川へと流れ出し
環境を汚染し
下流の田んぼに流れ込み
そこでもまた農薬が使われ
また下流にながれ
海へ流れ

そんなことを思いながら
傘をさしたまま
枯れた無残地面の写真を撮って
今日いちにちがはじまった



th_th_IMG_1521.jpg

th_th_IMG_1523.jpg


th_th_IMG_1522.jpg
スポンサーサイト

| 東光寺山博物誌 | 12:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

木蓮

東京の水道橋のホテルで
後楽園球場のドームを眺めながら
これを書いている

桜の花が終わったころから
クロガシや楠の落葉の季節がはじまる
東光寺の石段も庭も
隙間なく落ち葉が覆ってしまう

石段から見上げる緑のドームが
葉を落としたあとには
暗い色から
新緑色に変わっていく

掃いても掃いても追っつかないのだが
日に一度は竹箒で掃除をする

東光寺で暮らすまでは
落ち葉は秋のものだと思っていて
春にも
落葉の季節があるなどとは思ってもいなかった

これは落葉にはちがいないが
新緑への衣替えである

裏山のクヌギやコナラのように
葉を落として裸木になるのではない

郵便屋さんがやってくる山道にも
クロガシが両側に茂っていて
落ち葉が山積し
通せんぼうするかのように
新しい枝が伸びてきて顔を叩いたりするので
剪定鋏をもってあるき
道に伸びてきた枝を払う

ここで暮らすまでは
大阪の殺伐とした家並みに過ごしていたので
こうした自然の営為を
ほとんど知らずに過ごしてきたのである

赤い木蓮が花ひらき
数日前にこの写真を撮ったが
あすの午後に帰ったら
花は地面に花弁を残して
落ち葉とともに地面にあることだろう





  木蓮

| 未分類 | 08:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。