東光寺の日々

東光寺の暮らしのなかから創作される、詩歌や散文。

2013年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

踏む人と踏まれる人 melakkenho dan dilakkenho

 
    melakkenho dan dilakkenho

 

タイの国のひとたちの言葉は
ポックンカップンと語尾がぼくには聞こえるが
先だって楽健法を指導に行った
インドネシアのご婦人たちの会話の語尾は
尾をひくようにやさしく消えていく

目がみんなまん丸で大きく見えて
そういえばかなり前に
ネパールの若い友が
日本人の目はいいといっていたのを思いだした
われわれは目が大きいのが気になるが
日本人の目は細くていいとそのネパールの友はいう
そうか
ぼくは大きな目でまっすぐ物を見てる目のほうがいいと思ったが

語尾のやさしい言葉で
甲高くなく笑い声をあげながら
意気投合して
踏み合っている

踏む側にまわるmelakkenhoも
踏まれる側にまわるdilakkenhoも
私の楽健法を真似る気配もなく
好きなようにやってるかに見える

総領事館公邸といえば
そこは治外法権の空間であるはずだ
などと思ったりしたが
なごやかな女性たちには
楽しんで過ごせる快適な空間なのだ

楽健法の会場には
さきほどからメイドさんがつぎつぎと食卓を整えている
かなり大がかりなパーティさながらに
大きなテーブルにヴァイキングの料理も用意されていて
これは家庭の接待の域を超えた専門家の有様である

折り返し2時間
melakkenhoとdilakkenhoに分かれて楽健法を終えてから
インドネシアの料理をいただいた

ついでに蛇足すれば
タイ料理店は見かけるが
インドネシア料理店というのは見かけられないので
ややかったるいのがインドネシア料理だからだと思っていたのだが
なかなかしっかりした料理で
かような味のレストランなら流行ることだろうと思いつついただいた

楽健法が
ネパールやアメリカでもはじまっているが
インドネシアでも
いまから輪がひろがりますように
語尾のやさしい笑顔をたくさんいただいて帰山した






Melakkenho dan Dilakkenho

tutur bahasa Thailand
akhiran katanya terdengar seperti pokkun kappun
baru-baru ini saya memberi bimbingan Rakkenho kepada ibu-ibu Indonesia
tutur bahasa mereka akhiran katanya sedikit demi sedikt menjadi kecil
akhirnya hilang ditelan angin lalu

mereka memiliki sepasang mata yang besar dan bundar
dulu seorang teman muda dari Nepal pernah berkata
mata orang Jepang sipit dan bagus
begitukah
padahal bagi saya
melihat sesuatu dengan mata besar dan bundar yang bersinarnya lebih bagus

mereka sangat rukun
saling menginjak dan diinjak dengan riang gembira
sambil obrol dengan suara yang akhiran katanya lembut dan tertawa

yang melakkenho…..menginjak
yang dilakkenho…..diinjak
mereka terlihat berlatih dengan bebas
tanpa mengikuti alur Rakkenho saya

wisma KJRI itu berada di dalam hak daerah teritorian ekstra
saya kira begitu tetapi ibu-ibu yang rukun dan halus
bersantai degan senang di situ

sementara itu bagian rumahtangga menyiapkan hidangan
hidangannya isitimewa dan seperti untuk pesta yang besar
tidak seperti hidangan rumah umum

setelah saling merakkenho dan dirakkenho
makan masakan Indonesia

kalau berlebih lebihan
kita mudah menemukan restoran Thailand
tetapi jarang menemukan restoran Indonesia
saya kira sebabnya karena masalah selera
ternyata rasanya cukup mantap
kalau rasanya seperti ini restorannya akan sangat laris
sambil berpikir seperti itu saya menikmati hidangannya

Rakkenho
sudah mulai tersebar di Nepal dan Amerika
semoga menyebar pula di Indonesia
saya kembali ke kuil Tokoji
dengan hati yang penuh dengan senyuman lembut ibu-ibu

raku1.jpg













スポンサーサイト

| | 15:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。