東光寺の日々

東光寺の暮らしのなかから創作される、詩歌や散文。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

遠吠え

はるか昔に
日本から消えた
狼の遠吠えのような声が
闇のなかから立ち上がってくる

暗がりに置かれて
歩んでいる人たちの
俯いた顔に
更なる闇が覆い被さってくる

二十一世紀初葉
海と地の揺らぎで壊れて生まれた
故郷を覆う見えないもの
列島を覆って減ることのない
見えないものが
じわっと我らの体内を蝕む
時の流れで変容してゆくもの
ゆがみを作り続けるもの
再稼働はんたいなどと叫んでも
繰り返される愚行

血が騒ぐこともなくなったかのように
むしり取られ
むき出しになった表土に
不信を抱きながら
また暮らし始める人たち

放たれた牛が野生化し
猪がコンクリートの街路を歩き
荒れ野になった田圃に
奇形になった昆虫や蛙が跋扈する
あの地に
人が心が戻っていくことはない

木々は繁茂し
草は背丈を超え
電柱が
車が
原野に呑み込まれていくあの地に
心が住むことはもうない

辺野古が
オリンピックが
豊洲が
森友学園が
総理夫人が
なんどということがあったっけ

絶滅した
日本人のいた列島に
狼の遠吠えのような声が木霊している
スポンサーサイト

| | 11:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わが近詠短歌 政治の風刺短歌も詠んでみました

 もはや九割実現の安倍政府と日本会議の旧國體思想に戻す日本改造。国会答弁も上から目線の見下した態度で野党の女性議員などは侮蔑の眼差しで対等な応対ぶりではない安倍総理だ。憲法など無きが如し。閣議決定で憲法を改正して公布すれば済むぐらいの覇権の振るい様だ。正常に戻すのは一票から。無力感

 見え透いた嘘でもそれを貫き通さねばならない地位というものがあって、魂の卑しい大臣とか会長や社長というものは間々そういう状況になりやすい。安倍総理もそれに選ばれた大臣も、高貴な魂の持ち主なんかではなく極めて卑しい魂の団塊である。類を持って集まるとは古人はよく言ったものだ。至言である。

 森友学園をめぐるラビリンスは螺旋の上昇下降まで加わって何処に根源があるのかますます分からないように意図的に撹拌されてきている。日本会議という本を出した菅野というひとと籠池が相談したとか。扶桑社からあの本が出たのは日本会議の存在を広布する仕掛けで国民への擦り込みが狙いだと思われる。

人は人の何と付き合ってるかというとその人が持っている考え方と付き合っているのである。人が誠実かどうか言うことが信じるに足るということが付き合って行ける条件であって稲田防衛大臣も阿部総理も国民のコモンセンスから言えば偽善者もいいところで信を置けない。与党もしかり、で野党よお前もか?




2017/03/30追加

明日香村まだ肌寒き飛鳥川飛び石渡り古代を想う

蝋石で丸を描いてけんけんと跳ぶ少女らの眩しき記憶

清流の流れの淵に小魚の影を眺めつけんけんと跳ぶ

村はずれ川を跨いで注連縄のなにを守るや神々が揺れ

故郷の我が家に遍路辿り来る寄る辺なき人乞食しつつ


清流の水音軽く風そよぐ握ってみたりネコヤナギの芽

猫柳何故に猫かと聞いてみた毛並みがそうでしょと微笑むひとが

手のひらに隠れるほどの野の花を菫かと聞けばオオイヌノフグリ

水音が寒さの中で身に染みる咲かぬ桜の膨らみを観て

飛び石を見ればけんけんしたくなる悪戯っ子の心躍りて

如何ばかり悲しかりけん能薄き防衛大臣術無き涙

迸るほどの力もなき野党多数の壁はアメリカの壁




殿様と呼ばれた時代の支配欲頭が高いぞよ退がれ下郎奴

従えし無能の家来同レベル己が仕事の如何を知らず

籠池という名の如くてんこ盛り廃棄物から森々の謎

喚問をされて引き出す黒糸の先に殿様姿見せるや

あり得ない事ばかりする為政者の芯に火が付く喚問見よう

森友と俺俺詐欺と比ぶれば騙した数で俺が負けてる

国会に参考人など呼ばせるか切り抜けますよ総理舐めんなョ!

確固たる信念があり私には取り仕切ってます日本の未来

三権の分立などと言うものは無視すれば済む閣僚会議

奥さんが足引っ張るとは予想せず公人ならず飲み屋の女将よ

許しません安倍政治などとほざいてももう直ぐ逮捕よ密談してろ

歪めたる口許冷笑麻生さんマフィア気取って着こなし流石

何事がバレても辞任しませんよけりがつくまで嘘やめません

去年にも今年も訊いた花の名を思い出せずに写真見ている

俯いて土の匂いを嗅いでいる花を撮ろうと自撮りで写す

人の名も花の名前も忘れたりどうでもいいとき思い出したり

国会の椅子にふんぞりかえりたる不敵な冷笑悪ガキ麻生

江戸時代ならば切腹命じたし殿になりたや安倍戯画答弁

観自在だけでは駄目よ行動も善きこと目指し動自在なれ

昼食にスンドゥプチゲ体験すスープの赤き色にたじろぐ

予約した旅程の切符購入の窓口の人むっつり男

どの面を下げて威張っていられるかテレビに向けて拳を振るう

見え見えの嘘だと言うか証拠出せ声荒げたる総理の悲哀

我が名をば忘れましたと言うならん裁かれる日も白塗り化粧で

安倍さんが生命かけても守りますあなたが崩れば我が身も崩壊

地下鉄のアナウンスする声聴けばまともに動く何物かあるよ

新大阪次の次かと思いつつ防衛大臣の顔も散らつく

ど忘れか完璧忘れか決めかねる電話して訊くあの花の名を

食したる朝鮮料理赤々と粉唐辛子腹温かし

夕食の時刻となれど食材を思い浮かべて矢っ張りパンにす

なにもないいつもないとは信じられぬわが台所見て友は嘆けど

食いなさい食わねばダメよと言われてもああ手続きの煩瑣ならんか

仏の座群れて迎えてくれました朝日を浴びつエンジンかける

近いうち除草剤を撒きますと地主の挨拶思い出したり

茫々と野草繁って何故いけないの地主の挨拶に言葉返せず

いつだって見捨てられたる野の花に心惹かれる齢となりぬ

いくらでも口からでまかせ言いまする防衛するのが私の役目

隠そうとするほど本性現れてさらに上塗り厚化粧す

大臣の器に合わぬ二枚舌たとえ美女でも苦笑で済まぬ




ファイル 2016-06-08 7 26 14


| | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東光寺山

近所のお年寄りが
とんこじやま という
東光寺に
今朝は所々雪が残ってる

仄白い空気に惹かれて
戸外へ出てみると
視野を遮る樹木の向こうに
街の屋根が
白く光り
街は呼吸を止めている
 
大阪へ移住してきた冬に
かじかんだ
冷え切った手を
擦りあわせながら
かなり降り積もった雪を踏み
大阪府南河内郡狭山村西池尻から
狭山池の
村役場の建つ土手を歩いて
小学校へ通った朝を思いだす

七十年経っても
鮮明に記憶に残る
雪景色
その背景にひろがる焼土の街
空襲の火炎を逃げ惑った
恐怖の時間も蘇る

あの朝の
この世に不信を抱きはじめた
燃える景色を思い出す
私もまた炎を見ながら
沈黙して応えない神に
両手を合わせて祈った人間のひとりだ

読経する自分と
不可解な世界に
憤って止まない自分との
埋められない懸隔

雪は間もなく消えてゆく


IMG_6020.jpg


| | 09:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

棟方志功の
彫刻刀の切っ先が
切り屑をくるりと巻いて
手許に落ちてくる

切り裂いていく
細い線が
糸月のような
女の上瞼と下瞼を彫り
最後に唇が彫られる

豊満な女の欲望を称えて
紅花の色に
刷りあがることだろう

画面すれすれに
目を皿にして
作画する孤高の様子が見える

閉じられた唇のなかに
世界を切り裂くような裂帛が息づいている

朱色の唇が鮮やかな女は
佛の名前が付けられたりして
艶然と微笑している




Unknown.jpeg



| | 16:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

聴く

海が満ちてくる
月が明るくて
さざ波に光波を浮かべながら
潮は
下半身から
上半身へと
私を浸していく

月が輝き
星は
輝きを失い
蒼天のような闇夜にひそんで
月が没していくと
輝き出す

音はない
気が
潮のように流れてくるのだ

寒空の下で
息吹のように
立ち登ってくる
シャイアン・キショールの気

バンスリの
音色のなかの
色や光や
満ちてくる潮を
聴きながら
私は
パンを焼いたり
楽健法に興じたり
目を閉じて
どこかを浮遊していたりする

shyan kishore at tokoji

https://youtu.be/gjKRnV_o7kI You tube です。演奏をお聴きください。



| | 20:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

不幸について

その陰は
わたしにしか見えない
鏡にもうつらない
ぼんやり感じる悪魔か
やさしい隣人とでも言おうか

その陰に包まれるとき
わたしの脆い細胞の迷路は
にがい水にみたされ
おのずから
生滅をくりかえす

しあわせが
隣人のように
やって来たとしても
黄金の羽を眩しくはばたかせ
たちまち消え去るだろう

その陰が
私と重なりあうとき
わたしはわたしを
はっきり感じる
昨日から今日へと
そう確かに生きていると

あってなきもの
なくてあるもの
それが
じぶんというもの
陰と溶け合って
苦楽の海に泳いでいる

IMG_5816.jpg

| | 23:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インドの波風

インドから
零が広がった

零は
中国で空と訳されたとか
日本人は
無常なる感覚を空ととらえ
非情なるものから虐げられたり
苦から逃れんものと
運命の儚さを衣にまとって
隠遁のため
出家をする人もいた

人生は苦であるというが
根本の苦は生老病死なのか

問うが
生まれたときの痛苦の自覚があるか

覚えているひとはいない
生の苦は
自覚しないので僕は否定する

老の苦しみは
介護される日本人のあり方で証明できる

病の苦しみも
目の当たりにする苦の実態である

死は
避けたいものとして
想像のなかに
あるだけのものでしかない

臨死体験などは
死ではない

死の苦を体験してきたひとは
ひとりもいない

生老病死を四苦というのは
まぎれもなく俗説で
人生は二苦なのであろう

生きるとは
生老病死四苦八苦
伝えられてきた無数の教えを
生きて検証しつつ
通念をそぎ落として
自分の思考を巡らすにある

など考えつつ
身についた行住坐臥を
今日も生きる

manari

| | 12:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紅の記憶

昨日の続きのように
今日を生きる

一昨日の続きのように
昨日も生きた

先週の今日のように
先月の今日のように
去年の今日のように
今日を生きる

もしかすると
日々新しく生まれ変わり
昨日にはいなかったぼくが
今日をいきているのかも知れない

いつも
哲学や
文学や
宗教のよりどころのなさについて
論じ合っていたひととの間に
紙切れほどの壁ができて
二人は
地球の裏と表に行ってしまう

ぼくは
昨日も今朝も
それが一昨日だったか
去年のことだったか
思い出せもしない
はるかの過去の出来事のように
山脈をバックに
稲穂が揺れ
段落のある田園に
狂乱のさまで
阿鼻叫喚をあげるかのように咲いていた
曼珠沙華のくれないを
思い出している



IMG_5586.jpg










| | 08:25 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

哀しき夕景

ひとが夕暮れを眺めて
佇立するとき
流れさった
木の葉を追うように
思いが渦巻き
片鱗のような過ぎ来し方が
両の肩に
陰を落としている

子供のころに
電柱の支柱にもたれて
母の呼ぶ声を無視しながら
ぼくは夢想した

ぼくのいるこの場所は
きっと巨人のおなかの中で
巨人のおなかの中には
太陽が輝き
大地も海もあって
人や動物が棲んでいる

この僕のおなかの中にも
太陽も月も大地も海もあって
ここには
僕と同じ名前の子供が
母に呼ばれていることだろう

そんな夢想に耽りながら
夕方がやって来て
夜の帳が下りることが無性に悲しく
ぼくは
もたれている電柱に
太陽の暖かさが残っているのを
抱きしめて涙した

いっぱしの読書家になって
ぼくのおなかのなかの宇宙は消えてしまったが
世界は
ぼくの思念のなかで
宇宙大に広がって
宗教だの
哲学だのと
過ぎ去る刻にとっては無縁のことを
いまも考え続けている

IMG_5337.jpg

| | 12:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

誰かが笑うとき

打ちひしがれて
手も足も出せないときがあった

誰かの話す
ふだんの言葉が
針をふくんで
聞こえてきたりする

くらい気分のときには
神はどこにもいないと思ってる
自分なんか
ここにいなくてもいいんだなどと
思ってるのだ

父が狂ったのは
それを母が支え続けて
バーンアウトして逝ったのは
くらい笑顔のない戦争の時代に
翻弄されつづけたからだ

だれかが笑っている
狂った父は
笑ったりはしない
笑わない父をもった
こどもたちも
笑ったりはしない

だれもが
笑いを持っている
僕たちの家族のそとでは
だれもが笑いを持っている

笑いには
いろいろな色がある
色には
希望がかがやいている
色には
朝の色と夕べの色がある

がらんどうは歌う
まもなく演じる芝居のことを
思いながら
ぼくは執拗な思念にとりつかれ
若い日に読んだ
アーネスト・ドウソンの
メランコリーインディード
などということばをつぶやいたりしている


R0015308.jpg





| | 11:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネパールにはロクタという植物で作られた手漉きの紙があって、私はネパールへはじめて行った50年ほど前から購入して愛用してきた。楽健法の允許状もこのネパール和紙とでも呼びたい手漉き紙に書いている。

3年前にネパールへ行ったときにも購入してきたが、残りが少なくなったので、ネパールの寅吉さんに頼んで送ってもらった。買う度に風合いも違っているが、今日四つ切りにして即興詩を書いてみた。

http://nbazaro.org/vlnews/vl30/vl30_tokushu.html ロクタ紙

IMG_5218_convert_20160629181808.jpg




| | 18:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

伝説 (ソネット)

信仰にも哲学にも疲れ果てた旅人が巡るのは
思索のなかに輪廻するこの世とあの世
深く果てなき闇の迷路を
辿ってきた今日までの己が足跡か

人が冀う幸福は何処かにあったか
父の手母の手祖父の手祖母の手
そのまた親たちの手が掴んだ幸福は
路傍の石ころのごとく誰も顧みない

たった一度っきりの
与えられた巡礼のいのちの今日
他者を見る疲れたその目に光るもの

どこかで選択が間違っていたのだろう
真に生きるべき時代の時空を超えて
この星にいま生きる無力な旅人の一人であることは

IMG_1437.jpg

| | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鶏鳴 (ソネット)

乳房のある鶏が
午後の陽差しを受けて
書棚に光ってる
ものうい五月

焼きしめた
テラコッタの鶏
大阪万博の頃に
僕が手びねりした

歩いて転んで
叫んで
泣いて

八十路になって
来し方を通覧していると
底のほうから鶏鳴が聞こえる


IMG_5068.jpg

| | 10:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

観自在 動自在

窯からだすと
パンの花が開いて
甘やかな香りが立ち
食パンの頂は
外気に触れてぱちぱちと
はじける音をだす

二時半に起床
三時から捏ね始めたパン生地は
二時間後に膨らみ
作業台に取り出して
手製のアクリルスケッパーで分割する

五十グラムのプチパン
三五〇グラムの食パンなど
七種類のパン
およそ八百個のパンを
整形し
二次発酵し
窯に入れて焼き上げる

パンを作りはじめた
昭和49年春から
なんと長い時間
パン作りに精出してきたことか

リンゴ
にんじん
長芋
ごはん
砂糖

冷蔵庫で休んでいるスターターのパン種

今日も間もなく
パン工房へ出かけて
手慣れたパン種作りの仕込みにかかる

私はこのところ
親鸞が如何に生きたか
と言うことに惹かれて
親鸞の書物や
伝記を紐解きながら
パン作りや
楽健法を世に広めんと
パソコンに向かったりしている

ひとは好きなように
生きられるわけではないが
わが道程を振り返ると
一つの星を見失わないように
持続した意志を貫いてきた
貫いてこられたのだと
振り返る

観じることから
自在に動くこと

観自在
動自在

などと理屈っぽいことも考えるが
体解した諸々の技は
観と動は一つになってると観じる

はてさて
またいまからパン作りだ


 

ぱちぱちとクラッシュ入る音がして食パン生まれた産声ぞする



IMG_1894.jpg






| | 10:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

切れる

過ぎ越し刻を追想する
逆走する思念
近づいてくるその刻の予感
じわっと湿気のように浮遊し
枯れ始めた躯の皮膚を
なにかが這い
汗ばむ

業火はあれだったろうか
ボンバー29の
銀翼に紅蓮を映しながら低空飛行
恣意のままに投下するのか
炸裂と拡散
天を覆う火炎
悲鳴と駈ける足音
少年は逃げる
燃えさかる故郷の山を背に

祖母がつぶやく
お前が一人前になる頃に
あきまさは
帰ってくるだろう
タラカン島で戦死した息子
祖母に刻まれた皺に
苦渋の波紋

顔よりもおおきな
一輪のあじさいを抱えて
姉が笑ってカメラに向かっている
セピア色の昭和の一枚
大きな握り飯を
鷲掴みした幼児が俺だ
姉に抱かれ
蕩けそうな懈さで目をとじながら
姉を犯している幼い俺

生きることの困難が
冷え切った指先に
痛みになって残ってる
もう見ることもあるまいと
瞼のうらから薄暗い世界を凝視め
この世と縁が切れるまで
あと1時間だな
瞳孔が開きはじめる

IMG_4835.jpg

| | 10:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

樹の老婆

樹の老婆

彼女は永遠の時間を使い果たそうとしていた
剥がれた枯葉の下に埋もれている骨の樹
あの時に見たのが最後だったかもしれない
彼女は老婆のまま
ぼくの脳裡を浮遊している

深く刻まれた皺は
顔から胸へと
こわばった皮を手繰る
彼女はぼくのおばあさん
九人の子を産んだ
泣きわめく子に飲ませた乳房は
今や 枯れた糸瓜
左右の長さが違ったまま
ぶら下がっている
かつて 彼女のスカートの下に
輝く天使がいたなんて
天国を信じる幼児でも
思いつかない

時は流れ 水は凍る
だれが彼女を想うのか
だれが彼女を悲しむのか
もうすぐぼくは黄泉に行こうとしている
天使は両手をひろげ
ぼくを抱きとめてくれるだろう


rainbow.jpg

| | 11:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鏡と頭

ほんものの
自分の顔は
だれも見ることが出来ない

マックのパソコンでは
photo boothというソフトで
自分の顔と向かいあうことが出来る
立ち上げると
これが己かと思う顔が
僕を見つめている

自己嫌悪にかかりたければ鏡を見よ
などとニーチェは言ったりしなかったが
己の顔に見惚れるような
ナルキッソスでも無い限り
鏡は冷酷にありのままの自分を
見せてくれる

ジキルとハイドではないが
人間には
頭のなかにいる自分と
生身の自分とのふたつが
矛盾無く生きていて
頭のなかの
作り上げた仮想の自分が
ずれも自覚しないまま
毎日を
疑念も抱かず
生きて
動いて
いるのかも知れない

部屋に飼っている
小鉢のなかの
メダカに
視線を走らせたりしながら
MacAirで
さきほどちらっと見た自分の
自分ならぬ顔を思いだし
こんなことを書いている

痛む足の指先
冷える手足
昨夜剃ったのに
もう伸びてきた無精ひげ
ああいやだ
などと独りごちながら
夕方がくるのを
見上げている

すこし散歩にでかけよう
この気に食わぬ顔のままで
文庫本の背表紙でも眺めて
気分を変えてきましょう


IMG_0304 (1)


| | 14:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寒波

昭和二十一年の暮れ
大阪府南河内郡狭山村の
春本木工所という会社に父が職を得て
七人家族の我が家が
一枚板の
隙間風が舞い込む飯場に住み着いた
霜柱が
道路を踏むと
グシャリと音がする
寒い日に
やって来た
大阪へ引っ越すと知って
都会のどんなかも知らなかったが
なにがしかの想像はしたが
住み慣れた
徳島市の我が家より
そこは格段の田舎だった
その冬は
何度か雪も積もって
飯場の家は冷え込んで
母は引っ越し荷物を包んでいた新聞紙を
糊を炊いて
板壁の隙間に貼り付けた
飯場には水道も井戸もなく
裏の池の
急斜面を降りて
池の水を汲んでくる
池の水は
澄んではいたが
こんこんと湧き出る井戸で暮らしてきた一家には
悲傷な思いを余儀なくされ
近所の農家へ
貰い水に何度か行ったりしたが
やがて諦め
池水で暮らした
池に漣が立ち
寒波が頬を撫で
指に霜焼けが出来て
指を擦ったりしながら
僕は水汲みに斜面を下りた
狭山池の桜並木の堰堤が通学路で
飯場から小学校へ通った
風は冷たく
風花が舞う堰堤の道を
冬になるといまだに思い出す
寒波の風は
今も僕のこころに吹き続けていて
夢の中で
耳の痛みをこらえながら
歩いていたりする
頻尿気味の今冬
僕の人生も
寒波の時期に差し掛かったか
七十年前の
冷え込んだ日々は
今もそこにあって生々しい















| | 00:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あんなあな

鳥見山の向こうから
日が昇る
張り替えたことのない
障子に
木々の葉が
影絵になって
風の動きを伝えてくる
床の間に
棟方志功の版画を掛けて
去年から
睨んでいるが
墨一色の存在感を超えて
何事か語りかけてくれるようだ
除夜の鐘とともに
時空の彼方から
やってくる
あんなあな思考


  ※あんなあな 
   加藤道夫の戯曲「なよたけ」に出てくることば。
   あんなあなに騙された。と童歌のように歌われる。


IMG_1089.jpg

| | 14:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カミシメル

1981年の世界正食教会の機関誌 正食 新年号に掲載した詩です。

  カミシメル 
         山内宥厳

玄米ヲ
モットモ有効ニ
アリガタクイタダク秘法
宥厳和尚ガ
ユメマクラニタタレタ
弘法大師カラ教エテイタダイタ
密教玄米秘法ヲ
新年ニアタリ
特ニ本誌ノ読者ニ
伝授イタシマス

オメデトウ

ヤ!
アナタモ新年ニ際シテ
今年コソハ
玄米ヲ食ベツヅケルゾト
決心シテイルヨウデスナ

去年モ新年ニ際シテ
今年コソハ
梅干ヲ毎日一個ヅツ必ズ食ウゾ
ト決意シタノニ
百八個シカ食エナカッタトイウノハ
アナタデシタナ

決心ハヤサシクテモ
実行ハムヅカシイトイウコトコトハ
ヨクゴ存ジデスナ

今年ハイヨイヨ玄米ヲツヅケルトノ
決心
ソレハ オメデトウ
決心ハ正月ダケデナク
毎日毎日
一時間毎ニクリ返シ決心シタ方ガ
イイノデハナイデスカ

今年コソハ大丈夫デスカ
ソレハメデタイ

玄米ヲアナタハ
ムシャムシャ食ッテオリマスナ
玄米トイウモノハ
食ウ物デハナクイタダクモノダ
トアナタ言ッテマシタガ
ソウシテイマスカ

イナイ?
噛ミタクテモ
口ノナカニ玄米ガ居ナクナッテル?
百五十回モ噛メトカ
百五十回モ噛ンデイルトイウ先生ガタノ
話ハ
ウソデハナイカトオモウワケネ

ソノナヤミオ答エスルノガ
弘法大師楽健寺直伝
密教玄米秘法ナノダ

ソレデハサッソク伝授シマス
紙トエンピツヲ用意シテ
和尚ノトナエル呪文ヲ
ウツシテクダサイ

オン アボキャ ベイロシャノウ
マカボダラ マニ ハンドマ ジンバラ
ハラバリタヤ ウン

コレヲ食卓ニ立テテ
心ノナカデ一口一口噛ミシメ
トナエナガラ
玄米ヲイタダクノデス
オカズモソウシテイタダクノデス
玄米ハ二回トナエマス
コノ呪文ヲトナエナガライタダクト
玄米ハ決シテニゲダサズ
ソノ霊験ノスバラシサハ
タダタダオドロクバカリデス

イマカラ早速
実行イタシマショウ 合掌

IMG_4625.jpg
クリックすれば大きな画像で見られます。























| | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

詩集 [水の旋律] 岩堀純子 編集工房ノア刊 レヴュー

詩集-水の旋律-岩堀-純子

詩集の題名になった「水の旋律」はこの詩集のなかでは静謐な眺めを見せてくれている。

白い貝のなめらかな内面で
存在を増す

遠い海からの微風に
澄みきった
水滴が揺れる

と書き出されるこの詩には、この詩集のなかで描かれる精神の揺らぎや、闇は描かれていない。
この詩人のまなざしが捉えようとしているのは、見えない自分が欲求している不可知のなにかである。
佛教にもキリスト教にも通暁しているこの詩人は、知りすぎているが故の苦悩を描く。

そこに
石があった

それは
地上に散らばる
無形と無意味の
結晶
あるいは
沈黙する


(中略)

どんな羽があれば
どんな眼差しがあれば
長い日の
循環の果ての
夢にも似た
その塔へ
一歩だけ
歩めるのか
    (塔へ)

求道とか真理の探究とか自在なあり方とか、自己の持たないものを求めてさまよい歩く魂でもない。
この詩人は自己の置かれている位置、在りようを知悉しているが故に苦悩する。

逆らえない
抗えない
美しく
醜い
生きものよ

幻影かも知れない
現の身が孕む
蒼ざめた炎
それは わたしのなかにあって
わたしからも
あなたからも
永遠に遠い
    (生きもの)

もがくのは生きもの、否、にんげんの定めなのか、と詩人は考察する。
人間を拒絶することは、自己の拒絶、自己否定でもあるが「水の旋律」の詩人は否定仕切れない存在の闇のなかで、思索し詩を書くことで自己の闇に光を当てて自己を凝視しようとする。
その揺らぎようが、読者に不安感を醸し出すこともあるだろう。
人はなぜそんなにも日常が平然とおくれるのだろうか?

わたしは形がない
言葉が
あなたが
わたしを
つくってゆく
鏡のように
わたしを浮かびあがらせる

わたしは形がない
言葉が
小さな石が
わたしを
つくってゆく
墓碑のように
沈黙の意味を教える
      (言葉が)

行住坐臥しか生活のなかにはあり得ないと知っていながら、人はなにかを何処かに求めるものだ。
この詩人は、帯に書かれた言葉のように、
(流れとばしりあふれ光る言葉の躰 わたしという迷宮 存在の混沌を 水の感触であらわそうとする 硬質だが豊かな表現で静謐に至る 思索の詩集)風景も身に起きる事件も存在の謎に還元して思索を深めている。その水底から清流になって溢れてくるもの、それを言葉の躰・詩として誕生させてくる。
詩人は2015年5月17日に、毎日新聞社オーパルホール第66回春の短歌祭で、関西文学賞を受賞されている。
「どうだん短歌社」同人
ブログ 熱帯の朝と歌と http://nettainoasa.blog.fc2.com

| | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゆりのき

九月になった
まだ汗ばんでくる真夏日の朝
ゆりのきの樹影と
蔦に覆われた
楽健寺に
二人の訪問客が現れ
この長屋は
お宅一軒だけになり
老朽化して来ましたので
危険でもありますから
長年お住みいただきましたが
取り壊すので
年内いっぱいで
立ち退きをしていただきたく
お願いに上がりました
と随分前に
一度だけ会ったことのある家主がやってきた
家が老朽化するように
家主もすっかり
初老の白髪のひとになっていて
好々爺という雰囲気

春先に隣家が転居して
六軒長屋に
我が家だけが残り
家内ひとり
鼠の出没に悩まされたりしながら
暮らしていた

立ち退きとは
衝撃ではあったが
分かりましたと諾った

その夜
さっそく検索して
近隣の家探しを始めた
メールを送った不動産屋から
翌朝さっそく電話があって
物件を見に行った

三件目の家が
地の利もよく
家内も気に入ったというので
即決した

住み慣れた楽健寺は
借家の寺だが
半世紀近く
車庫の前もすっかり花壇にして
枇杷の木もたわわに実をつけていたが
去年から枯れてきて
三十数年前に
苗木を植えたゆりのきが
大きく育って大屋根を超えている

なにかがおわり
なにかがまたはじまる


IMG_1528 (1)









| | 11:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

流転

道を歩きながら
父は時々立ち止まり
小石を黒い靴で転がして
雨が降れば
水たまりになる
道路の窪みに
放り込む

子供の頃は
舗装路などほとんど無くて
雨が降ると
泥濘になり
水たまりができ
けんけん遊びのように
ぬかるみや水たまりを避けて歩く

小石を窪みに靴で入れるのは
父の習性となっていて
なぜそんなことをするかと
訝しげな目のぼくに
道が少しでも良くなればいいからだ
と小さな善意の積み重ねを
示しているのだった

父は外出には正装した
髪をポマードで整え
一張羅の洋服を着て
中折れ帽も必ずかぶり
黒い磨き上げた靴を履いた

その靴で小石を転がす
道を歩きながら
小石を見つけると
それを繰り返す
父なりの
すこしでもなにかの役に立つという
公徳心の発露なのだろう

そんなことを思い出しながら
流転してきた家族の
子供の頃からの
いろんな場面を思いだす

大阪府南河内郡狭山村だったか
故郷を後に
南海高野線の狭山駅から
住み着いた飯場の小屋

駅で下車して
弟と僕が手を繋ぎ
父の前を歩いていたとき
父はまた
立ち止まって
小石を蹴っていたが
ぼくが振り向いたとき
父は石を蹴りながら
涙ぐんでいた

僕は
黙って前を向き
弟の手を握りしめて
足を速めて歩いた


bizan
故郷徳島の眉山を思い出して描いたクレパス画

| | 20:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福山駅で

きょう
義妹が死んだ
誰もいない
駅の待合室から
掛けた電話に
弾まない妻の声が告げる
姉の死を知ったのも
福山から
広島へ向かう車中だった
当然のことが
突然起きる
冷静に受け止める
自分がいる
誰も慌ててはいない
走る車中で
共に過ごした姿を
声を
笑顔を思い出し
瞑目する


IMG_3658.jpg

| | 21:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福山へ

近鉄車中
晴れて
雲はないが
大気は透明でない
大陸の砂塵が
浮遊してるのか
わが視力の
翳りでもないだろう
こんな日に
車が
狐の嫁入りに遭遇すると
愛車が
黄な粉にまみれた
団子に変身する
東光寺山に繁茂する
葛などを
砂漠に植えて
砂抑えにならぬか
などと思う


airpolution.jpg


| | 10:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

They're waiting in Paramita

They're waiting in Paramita


In the Ganges they swam.
In the Ganges they drifted.
In the Ganges they flowed by.

Abave the Ganges the sun rise.
Abave the Ganges the day passes.
Abave the Ganges the sun set.

At the Ganges it darkens.
At the Ganres night comes.
At the Ganges moon rises.

The Ganges Flows now.
The ganges flowed then.
The Ganges will ever flow by.




 彼岸でだれかが待っている 
 
  
 ガンジス河で泳いでた
 ガンジス河に浮いていた
 ガンジス河を流れていった

 ガンジス河に陽が昇る
 ガンジス河に昼がくる
 ガンジス河に陽が沈む
 
 ガンジス河が暗くなり
 ガンジス河に夜がくる
 ガンジス河に月がでる
 
 ガンジス河は流れてる
 ガンジス河は流れてた
 ガンジス河は流れていった




      詩・山内宥厳   by Yugen Yamanouchi
      訳・ペテロ・バーケルマンス神父 transreted by Peter Baekelmans

 詩集「共生浄土」のなかの一篇ですが、本を整理していたらペテロ神父が英訳してくださって本に挟み込んであったのが出てきましたのでアップしました。
 この詩はパン工房でパンを作りながら聴いていた喜多郎のシルクロードのメロディに合わせて黒板に即興で書いた詩です。



| | 17:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夜明け

朝は閃く
閃いた
夜明けの直感を
大切に
今日を始めよう
昨日の続きが
今日なのではない
今日が
明日に繋がってるわけでもない
時計の秒を刻むように
瞬時の生命を
生かされている弱いいきもの
昨日は振り返れるが
明日はあるか否か
過労気味だが
みんなが待つ場所へ
歩いていく


IMG_1369.jpg


えま&慧奏の「こもりうた」
慧奏さんとは1980年前後からお付き合いがあって、音楽を担当してもらって沖縄へ芝居をしにいったりしました。

| | 20:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もっと

もっと
もっと欲しい
金を
着物を
食い物を
道路を
高速道路を
飛行場を
家を
車を
薬を
健康を
病院を
酒を
遊びを
暇を
旅行を
温泉を
客を
恋人を
愛を
町おこし
村おこし
地域活性化
原発再稼働
原発廃棄
黙れ
だまれ
八紘一宇
葵の紋が
菊の紋が
見えないか


IMG_2845_convert_20141210231755.jpg

この詩はツイッターにダイレクトに書きました。

| | 19:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪が降る

雪に降られ
上がっていく地面を
見つめている

少女は
過去のひとときのなかに
これから
過ごしていくであろう
未来を凝視めている

馬の目のように
未来は
優しい眼差しで
少女を
雪景色に溶かし込み
包んでしまう

間もなく
信号が変わる
ニューヨークの
交差点


IMG_3527.jpg

| | 10:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

絶唱

美輪明宏ロマンティック音楽会2014

緞帳の向こうに
すぐ開かれる
未来が息をこらしてる
座席には
とりどりの齢の男女
昨年10月
体調を崩した歌手が
公演を中止し
今夜へ日替わりだ
時の翼に乗った
伝説に生きる
悲傷の歌手が
歌う



| | 21:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT